犬の白内障

',''); */?>

【症状】瞳の白濁による視力障害

白内障の症状には、肉眼的変化(眼が白くなる、つねに瞳が広がっている)や、視覚障害(暗いところで動かない、段差のあるところでつまずく、ものにぶつかる、壁伝いに歩く)などが現れます。

白内障に飼い主が気づくのは眼が白くなった時ではなく、行動異常が現れた時が多いそうです。
これは、犬は眼が見えにくくなっても飼い主に伝えることが出来ない為と、視覚が障害されても嗅覚や聴覚、体表に伝わる感覚により住み慣れた環境では行動が特に制限されない為です。
しかし白内障により視力を失うと、一日中寝ていたり、急に手を出すと驚いて噛み付いたりします。

白内障はその程度により、初発・未熟・成熟・過熟の4つに分類する方法が多用されています。
初発白内障では、視力障害は起こらず水晶体の一部に白濁した部分が見られる程度です。
未熟白内障に進行すると、水晶体の白濁が水晶体のほとんどの部分に広がり、視力が低下します。
成熟白内障では、水晶体全域が完全に白濁し、無透明だった水晶体が灰白色に変化します。
過熟白内障になると、水晶体皮脂が溶けてしまい、その中に水晶体核が浮遊している状態になります。

緑内障を併発する場合もあります。

【原因】若齢時に起こる白内障では遺伝性、老齢時に起こる白内障はどの犬種でも起こる

白内障は、先天性白内障と後天性白内障とがあります。
先天性白内障は遺伝的素因により起こるといわれており、2歳までに起こる白内障を若年性白内障、2~6歳までに起こる白内障を成犬性白内障と呼びます。
シベリアン・ハスキー、ミニチュア・シュナウザー、コッカー・スパニエル、プードル、ビーグルなど約80種類の犬種に素因がある事が知られています。

後天性白内障は、老齢性・糖尿病性・外傷性・内分泌性・中毒性などの要素により起こります。
老化による白内障はだいたい7歳を過ぎた頃から水晶体の白濁が始まります。
老齢性白内障は犬種を問わず、加齢とともにどの犬種でも起こります。

【治療】目薬や飲み薬による治療と、外科手術

白内障の治療には、目薬や飲み薬による内科的方法と、手術による外科的方法とがあります。

白内障があっても視覚障害が起こっていない場合は内科的治療が選択されます。
白内障による視力障害や失明している時には手術が必要です。
白内障の手術は眼を大きく(180度)切って水晶体内容をそっくり取り出す方法と、約3mmの小さな切開創から超音波で水晶体内容を砕いて吸い取る方法の2種類あります。
取り除いた水晶体の代わりに犬用人工水晶体(眼内レンズ)を挿入することで、屈折度数を取り戻し、段差でつまずいたり、散歩で電柱にぶつかったりしなくなります。

【予防】眼の負担を減らす

白内障の予防は難しく、早期発見による早期治療が一番です。
紫外線から眼を守ったり、眼を清潔に保つことで、眼の負担が減り、白内障を予防する事に繋がります。

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の骨折

骨折とは骨が損傷を受けた状態を指します。 小型犬や子犬は骨が細く、骨折する危険が高いので注意が必要です。 【症状】主に腫れや痛…

犬の椎間板ヘルニア

【症状】激しい痛みにより、動かずじっとしています 椎間板とは頚椎から尾椎の椎骨と椎骨のあいだに存在し、椎骨を連結する役割を果た…

犬の水頭症

水頭症とは頭蓋骨が大きく骨が薄い犬種、短頭種、小型犬に多く発症する脳の病気です。 チワワ、トイプードル、ミニチュアダックスフン…

犬の結膜炎

犬の結膜炎は、目の病気の中で最も多い病気です。 眼球の白目から瞼の内側を覆っている粘膜を結膜といいます。 その粘膜に炎症が発生…

犬の角膜炎

犬の目は傷がつきやすくトラブルの起こりやすい部位です。 表面の黒目を覆っている透明な膜を角膜といいます。 角膜に炎症がおこる角…

犬の緑内障

【症状】目の痛み、白濁、流血など 緑内障とは、眼圧(眼球内の圧力)が上昇することにより、視神経と網膜に障害が発生し、一時的また…

犬の内耳炎

内耳炎は、耳の奥にある半規管や蝸牛などの内耳と呼ばれる部分に炎症が起こった状態の事をいいます。 食欲不振やバランス感覚異常の症…

犬の変形性骨関節症(DJD)

【症状】歩行異様から運動制限など 変形性骨関節症は初期症状として、歩行などの動くことを嫌がる、跛行、着地不能などの歩様異常を示…

犬の脳腫瘍

脳腫瘍は、脳から発生した原発性脳腫瘍か、がん細胞が脳に転移して発生する転移性脳腫瘍にわけられます。 7歳以上に発生することが多…

犬の門脈シャント

【症状】肝性脳症によるよだれやふらつき 通常は、消化管内で産生されたアンモニアなどの毒素は腸管から吸収されると、門脈と呼ばれる…

犬の股関節形成不全(股関節形成異常)

股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節がうまく作られず形が異常になってしまう、発育や成長の異常です。 この病気…

犬の進行性網膜萎縮

進行性網膜萎縮とは遺伝性の目の病気です。 発症すると網膜が徐々に萎縮し、失明に至ります。 4~5歳で発症しますが、早いと1歳頃…

犬のチェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱)

【症状】サクランボのように目が真っ赤に腫れ上がります 第三眼瞼(瞬膜)の裏にある腺が赤く腫れ上がってサクランボ(チェリー)のよ…

犬の肺動脈狭窄症

肺動脈狭窄症は、犬における先天性心臓病の発症件数調査で、国内外問わず上位5位に入るほど発生頻度の高い病気です。 プードル、コリ…

犬のクリプトコッカス症

【症状】肉芽腫が鼻の穴にできて塞いでしまう クリプトコッカス症の症状としてはくしゃみや鼻水といった鼻炎の症状で、鼻水はドロッと…

犬の認知症(痴呆/認知機能障害/認知障害症候群)

人間と同じように犬でも認知症が問題になってきています。 高齢化に伴って生じる脳の変化が原因で説明のつかない異常な行動を起こすこ…

© 2024 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712