犬の認知症(痴呆/認知機能障害/認知障害症候群)

',''); */?>

人間と同じように犬でも認知症が問題になってきています。

高齢化に伴って生じる脳の変化が原因で説明のつかない異常な行動を起こすことがあります。

【症状】徘徊や飼い主を認識できなくなる

認知症の症状として典型的に現れるのが徘徊です。

自分が今どこにいるのかわからない状態となり、永遠とあてもなく歩き続けるようになります。

空中の一点を見つめる動作や、飼い主を認識できなくなったりします。

食べ物好みが変わったり、夜鳴き、失禁、不適切な場所での排泄がおこるようになります。

いきなり触るとびっくりして怯えるようになるので、正面から声をかけながらゆっくりと近づいていく必要があります。

年に一回の定期的な検査を行い、体調に異常のない状態を維持できるようにします。

徘徊が始まった場合、円形のサークルを用意して永遠と動き続けても安全なように対策をとる必要があります。

角のあるサークルでは、角にぶつかっても方向転換出来ずに永遠と角にぶつかり続ける場合があり、怪我にも繋がります。

認知症の場合、同一方向へ進み続ける事が多く、右回転で回ることが犬には多いようです。

逆に動かなくずっと寝ている場合もあり、この場合は極端な運動不足を防ぐためにも、昼間には寝かさないようにする必要があります。

【原因】脳の萎縮により考える力が低下

原因は解明されていませんが、DHA(イワシ、サバ、ブリなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸)の不足により認知症が発生するとも言われています。

脳の萎縮により、脳が考える力が低下することで認知症になります。

【治療】投薬により進行を遅らせる

認知症の治療は、今の段階では完全に治すことはこんなんですが、投薬により症状の改善が見られる場合があります。

【予防】脳への刺激を与える

脳の老化を遅らせるためにも、脳への刺激を与える方法があります。

毎日同じコースを散歩に利用している場合は、違うコースを利用する事で景色や臭い、あったことのない犬など初体験を経験する事で刺激が与えられます。

新しい芸を教えることも刺激になります。

特に日常的に使わないような動きをする芸だと、筋肉とそれにつかさどる脳にも刺激が行きます。

また、最近流行しているペットマッサージも脳への刺激になります。

愛犬とのコミュニケーションツールとして活用されるマッサージには、皮膚への触感を通じて脳へ電気信号を送ることができます。

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬のトキソプラズマ症

【症状】無症状の場合が多いが妊娠していると流産の危険性も 一般的には感染しても無症状のままが多いのですが、発熱や筋肉痛と言った…

犬の熱中症(熱射病、日射病)

【症状】体温の上昇、パンティングが起こる 熱中症の症状には、息が荒くなる、ぐったりする、尿・便の失禁がみられます。 体温が41…

犬のてんかん

【症状】全身、身体の一部に痙攣や発作をおこす てんかんとは脳の神経系統が何らかの原因で興奮状態となり、体の制御ができなくなる病…

犬ジステンパーウイルス感染症

犬ジステンパーウイルス感染症とは犬ジステンパーに感染することにより発症する、死亡率と伝染性の高い病気です。 感染すると1週間ほ…

犬の心房中隔欠損症

心房中隔欠損症とは、心臓の左心房と右心房の間にある中隔という壁に生まれつき卵円孔という穴が開いている病気です。 【症状】卵円孔…

犬伝染性肝炎

犬伝染性肝炎とは、犬アデノウイルス1型によって引き起こされるウイルス性の感染症です。 軽度のものであれば症状がなかったり、症状…

犬の肺動脈狭窄症

肺動脈狭窄症は、犬における先天性心臓病の発症件数調査で、国内外問わず上位5位に入るほど発生頻度の高い病気です。 プードル、コリ…

犬の股関節形成不全(股関節形成異常)

股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節がうまく作られず形が異常になってしまう、発育や成長の異常です。 この病気…

犬の変形性骨関節症(DJD)

【症状】歩行異様から運動制限など 変形性骨関節症は初期症状として、歩行などの動くことを嫌がる、跛行、着地不能などの歩様異常を示…

犬の膀胱結石

膀胱結石とは、尿を一時的に溜めておく膀胱に結石と呼ばれる石が詰まることで尿が出にくくなったり激しい痛みが生じる病気です。 膀胱…

犬の狂犬病

狂犬病はほぼすべての哺乳類が感染し得る病気で、発症するとほぼ100%死に至ります。 【症状】行動面や性格が変化する 狂犬病に感…

犬の水頭症

水頭症とは頭蓋骨が大きく骨が薄い犬種、短頭種、小型犬に多く発症する脳の病気です。 チワワ、トイプードル、ミニチュアダックスフン…

犬の臍ヘルニア(さいヘルニア)

臍ヘルニアとは、いわゆる出べそのことです。 へその部分からお腹の脂肪や内臓の一部が飛び出てきているものを臍ヘルニアと呼びます。…

犬の内耳炎

内耳炎は、耳の奥にある半規管や蝸牛などの内耳と呼ばれる部分に炎症が起こった状態の事をいいます。 食欲不振やバランス感覚異常の症…

犬の門脈シャント

【症状】肝性脳症によるよだれやふらつき 通常は、消化管内で産生されたアンモニアなどの毒素は腸管から吸収されると、門脈と呼ばれる…

犬の脳腫瘍

脳腫瘍は、脳から発生した原発性脳腫瘍か、がん細胞が脳に転移して発生する転移性脳腫瘍にわけられます。 7歳以上に発生することが多…

犬の骨折

骨折とは骨が損傷を受けた状態を指します。 小型犬や子犬は骨が細く、骨折する危険が高いので注意が必要です。 【症状】主に腫れや痛…

犬の甲状腺機能低下症

甲状腺とは全身の細胞に作用して、エネルギー、タンパク、ビタミンなどの代謝に関わる働きをしています。 甲状腺から分泌される甲状腺…

犬の椎間板ヘルニア

【症状】激しい痛みにより、動かずじっとしています 椎間板とは頚椎から尾椎の椎骨と椎骨のあいだに存在し、椎骨を連結する役割を果た…

犬のクリプトコッカス症

【症状】肉芽腫が鼻の穴にできて塞いでしまう クリプトコッカス症の症状としてはくしゃみや鼻水といった鼻炎の症状で、鼻水はドロッと…

犬の緑内障

【症状】目の痛み、白濁、流血など 緑内障とは、眼圧(眼球内の圧力)が上昇することにより、視神経と網膜に障害が発生し、一時的また…

犬の白内障

【症状】瞳の白濁による視力障害 白内障の症状には、肉眼的変化(眼が白くなる、つねに瞳が広がっている)や、視覚障害(暗いところで…

© 2024 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712