犬の膝蓋骨脱臼

',''); */?>

【症状】とう痛や腫脹、跛行、患肢の挙上

膝蓋骨脱臼の症状はその程度により無症状から歩行困難まで幅広く起こります。
その程度は、グレードが1~4までの4段階に分類されます。

グレード1では膝蓋骨は正常な位置にあり、足を伸展させて膝蓋骨を指で押すと脱臼するが放すと自然に整復されます。このレベルでは無症状がほとんどで、ときにスキップ様の歩行をすることがあります。

グレード2では、膝関節は不安定で寝起き時のように膝関節を屈曲していると脱臼し跛行したりしますが、指で膝蓋骨を押すと整復できます。このレベルでは数年間、日常生活に支障はありませんが、様々な症状を呈しながら骨の変形が進み、膝蓋骨を支える靭帯が伸びてしまいます。

グレード3では、膝蓋骨は常に脱臼の状態で、指で押せば整復出来ますがすぐに脱臼状態に戻ります。膝関節を屈曲させたまま歩行するので顕著な跛行がみられます。大腿骨や脛骨の変形も起こります。

グレード4では、膝蓋骨は常に脱臼し、指で押しても整復できない状態です。大腿骨や脛骨の変形も重度となり患肢を屈曲させたままうずくまった状態で歩行するか、前肢に体重をのせて患肢を浮かせた状態で歩行します。

各グレードに共通して、とう痛や腫脹、跛行、患肢の挙上などがみられます。

【原因】先天性と後天性がある

膝蓋骨脱臼は、先天性と後天性とにわけられます。
先天性では、出生時からの膝関節周囲の筋肉や骨の形成異常や靭帯の付着部の異常などが、加齢とともに進行し、膝蓋骨脱臼を起こします。
後天性では、打撲や落下などによる外傷性の原因で膝蓋骨周囲の組織に損傷が生じ、骨に関連する栄養障害などによって骨の変形が生じた結果、膝蓋骨脱臼を起こします。

【治療】具体的な治療法はなく経過観察

膝蓋骨脱臼の治療には、触診とレントゲン撮影を行いグレードを調べます。
自然に戻る程度の脱臼では経過観察を行います。
重度の場合は手術を行うこともあります。

【予防】生活環境の見直し

先天性のものでは遺伝的疾患のひとつと考えられていますので、好発犬種を飼育する際は、環境を工夫する必要があります。
※好発犬種には内方脱臼(内側に脱臼する)にはヨークシャーテリア、ポメラニアン、プードル、シー・ズー、チワワなどの小型犬に多く、外方脱臼(外側に脱臼する)は大型犬にまれにみられる程度です。
(内方脱臼の方が発生頻度は高いです。)

この病気によく見られる症状

足をかばう・引きずる 足を痛がる

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎) 関節リウマチは自己免疫疾患によって起こされる関節炎の一つです。 進行すると関節が変形した…

犬の椎間板ヘルニア

【症状】激しい痛みにより、動かずじっとしています 椎間板とは頚椎から尾椎の椎骨と椎骨のあいだに存在し、椎骨を連結する役割を果た…

犬の股関節形成不全(股関節形成異常)

股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節がうまく作られず形が異常になってしまう、発育や成長の異常です。 この病気…

犬のライム病

【症状】感染しても95%は無症状。症状が出ればあちこちの関節が腫れてきます ライム病に感染しても症状を表すのはごく一部の犬で、…

犬の変形性骨関節症(DJD)

【症状】歩行異様から運動制限など 変形性骨関節症は初期症状として、歩行などの動くことを嫌がる、跛行、着地不能などの歩様異常を示…

犬の骨肉腫

骨肉腫とは骨に腫瘍ができる病気です。 骨に腫瘍ができた場合、悪性である可能性が85%で死亡率のきわめて高い病気と言われています…

犬の前立腺腫瘍

前立腺腫瘍とは前立腺に悪性の腫瘍ができる病気のことです。 前立腺はオス犬の膀胱の下にあり、精子の運動能力を活発にする精液を分泌…

犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)

【症状】足を引きずって歩いていたら要注意です レッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)は大腿骨頭壊死症とも言われる股関節の病気…

犬の骨折

骨折とは骨が損傷を受けた状態を指します。 小型犬や子犬は骨が細く、骨折する危険が高いので注意が必要です。 【症状】主に腫れや痛…

犬の前十字靭帯断裂

前十字靭帯とは膝関節の内側にあり大腿骨と脛骨をつないでいる靭帯のことです。 ダックスフント、ゴールデンレトリバー、ラブラドール…

© 2022 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712