ケンネルコフ(伝染性気管支炎)

',''); */?>

【症状】咳が多い程度だけど、他の感染症と一緒だと重症化することもあります

急に発熱や咳が出て長く続き人間の風邪とよく似た症状で、呼吸器がウイルスに感染することによって発症します。
運動したあとや気温の急激な変化時に咳が多くなったり、しつこく咳が出るために吐くような状態が見られることもあります。
ただこのウイルスだけに感染した場合は1~2週間ほどで回復し、あまり症状は重くはなりません。

他のウイルスと一緒に感染したり、免疫力が低下している老犬や不十分な子犬が感染すると食欲の低下や高熱を出すといった症状のほか、黄色っぽい膿が混じったような鼻水を出すと言った症状も見られ肺炎に進行し死亡するケースもあります。

【原因】感染した他の犬のくしゃみなどの飛沫によって感染します

原因となる主なウイルスは犬パラインフルエンザやイヌアデノウイル2型などで、これらのウイルスに感染した他の犬のくしゃみなど飛沫によって感染することが多いです。
ケンネルとは犬小屋を意味し、コフは咳を意味します。
多くの犬を飼っている犬舎内で1頭が感染すると、またたく間に他の犬にも感染することからこう呼ばれています。

【治療】合併症が無ければ自然治癒すますが、合併症を起こしていると抗生物質などで対症療法を行います

ケンネルコフは合併症が見られないなど特に重い症状がなければ、その多くは自然治癒します。
一週間ほどの安静(運動を避け興奮させないようにする)と十分な栄養を与えること、またできれば気道を加湿することで治りが早くなります。

ただし咳がひどく食欲がないなど症状が重い場合や合併症を起こしている場合は、抗生物質や咳を鎮める薬、気管支拡張剤を投与するなどの対症療法を行います。

なお回復してからも1~2週間はウイルスを放出する可能性がありますから、他の犬に近付けないようにします。

【予防】ワクチン接種と住環境を清潔にしましょう

ワクチンを接種することで予防を行います。
また犬の住環境を常に清潔にするように心がけることが大事です。
また冬場の乾燥した状態では感染しやすくなりますので、室内などで飼われているならば気温と湿度に注意してください。
また外出時などに咳をしている犬にはなるべく近付けないことも大事です。

ケンネルコフ以外にもフィラリア症や犬ジステンバーなど咳が認められる病気があります。
数日たっても酷い咳が続くようであれば他の病気の可能性も考えられますので、獣医師に診断してもらうようにしましょう。

この病気によく見られる症状

咳をする 熱がある

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の悪性リンパ腫(リンパ肉腫)

【症状】下アゴの腫れに気付いて獣医師の元へ駆け込むことが多いです 悪性リンパ腫は体のどのリンパが腫瘍化するかによって症状が違い…

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎) 関節リウマチは自己免疫疾患によって起こされる関節炎の一つです。 進行すると関節が変形した…

犬の乳腺炎

乳腺炎とは、乳腺組織に炎症がみられるものを指します。 多くは乳頭口から乳腺に細菌が混入して生じます。 【症状】腫れやしこり、黄…

犬のレプトスピラ症

【症状】無症状の場合も多いけど吐血や黄疸などの症状と短期間で死亡することも レプトスピラ症にかかった犬の大半は、特に症状が出な…

犬の気管虚脱

気管とは、のどと肺を結ぶ器官で、呼吸しやすいように筒状の形をしています。 気管虚脱になると気管が押しつぶされ空気の通り道が狭く…

犬のQ熱

【症状】症状は出ないか出ても軽い発熱 犬の場合はほとんどが無症状で経過するため、感染しても気付かないことが多いです。 症状が出…

犬のフィラリア症(犬糸状虫症)

【症状】感染から発症までは長いが急性の場合はただちに動物病院へ フィラリアという寄生虫の感染によって起こる病気ですが、感染初期…

犬の子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは子宮の内部に膿が溜まる病気です。 細菌感染によって引き起こされ生死にかかわる病気です。 子どもを産んだことのない…

犬の心室中隔欠損症

心室中隔欠損症は先天性心奇形の中で最も頻度の高いものと言われています。 心室中隔欠損症が肺の病気や発達障害を引き起こす危険もあ…

犬伝染性肝炎

犬伝染性肝炎とは、犬アデノウイルス1型によって引き起こされるウイルス性の感染症です。 軽度のものであれば症状がなかったり、症状…

犬の肝臓がん

犬の肝臓がんは、かなり頻繁に起こる病気ですが発見した時には手遅れで、命を奪ってしまうケースが多い恐ろしい病気です。 【症状】初…

犬のコクシジウム症

【症状】子犬で発症しひどい下痢や血が混じることもあります 成犬の場合は症状が現れることはほとんどありません。 主に子犬の場合に…

犬ジステンパーウイルス感染症

犬ジステンパーウイルス感染症とは犬ジステンパーに感染することにより発症する、死亡率と伝染性の高い病気です。 感染すると1週間ほ…

犬の肺水腫

肺の中に大量の液体がたまり、ガスの交換が妨げられている状態を肺水腫といいます。 肺は血液に酸素を送り二酸化炭素を取り出すための…

犬の拡張型心筋症

犬がかかる拡張型心筋症とは、心臓の筋肉である心筋に何らかの異常が起こり、心臓の働きが弱くなってしまう病気です。 心臓が肥大した…

犬の熱中症(熱射病、日射病)

【症状】体温の上昇、パンティングが起こる 熱中症の症状には、息が荒くなる、ぐったりする、尿・便の失禁がみられます。 体温が41…

犬の膵炎(すい炎、膵臓炎、すい臓炎)

膵臓とは胃の背中側にある細長くて平ぺったい臓器で、唾液を出したり血糖値を上下させるなどの働きを持つホルモンを分泌する機能を持っ…

犬のライム病

【症状】感染しても95%は無症状。症状が出ればあちこちの関節が腫れてきます ライム病に感染しても症状を表すのはごく一部の犬で、…

犬の下痢

【症状】下痢よって痩せたり脱水症状を起こしたり様々です 下痢することによって体重の減少や脱水症状は起こりやすくなります。 食べ…

犬のバベシア症

【症状】40度以上の高熱や黄疸、血尿も。肝臓や腎臓に影響が出ることもあります バベシア症に感染すると40度以上の高熱や、息が早…

犬のトキソプラズマ症

【症状】無症状の場合が多いが妊娠していると流産の危険性も 一般的には感染しても無症状のままが多いのですが、発熱や筋肉痛と言った…

犬の肺動脈狭窄症

肺動脈狭窄症は、犬における先天性心臓病の発症件数調査で、国内外問わず上位5位に入るほど発生頻度の高い病気です。 プードル、コリ…

犬の僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜん)とは、心臓の弁が変形したり弁を動かしている腱が弱ったりして弁がうまく閉まらなくなっ…

© 2024 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712