犬の骨折

',''); */?>

骨折とは骨が損傷を受けた状態を指します。
小型犬や子犬は骨が細く、骨折する危険が高いので注意が必要です。

【症状】主に腫れや痛み

症状として多いのが痛みや腫れです。
患部を触ると熱を持っていたり内出血していることもあります。
患部が変形し曲がっていたり、足を気にしてなめることもあります。
足を気にしてひきずったり足をあげて歩くなどの歩行障害もみられます。

足を触ろうとすると怒って触らせないようにしたり、じっとしていることが多くなります。

脊椎を損傷してしまうと排便や排尿障害も起こります。

【原因】ジャンプや事故

小型犬はイスやソファーの高さからジャンプするだけで骨折してしまうことがあります。
また自動車や自転車との接触事故、他の犬とのケンカが原因となることもあります。

栄養が不足し骨密度が低下していたり、過度の運動、肥満によっても骨折することがあります。
骨に腫瘍ができると骨が弱くなってしまい骨折することもあるので注意が必要です。

【治療】早期治療が大切

骨折の治療は骨折してから数日の間にどのような治療をするかによって治癒に大きく関わってきます。

まずは動物病院に連絡し症状を説明し指示を受けます。
犬が興奮していないなら、応急処置を行います。
骨折した場所にガーゼを巻き副木や段ボールをあてて、ガーゼで挟むようにしてテープや包帯などで固定します。
その際には強く巻きすぎないように注意します。

その後できるだけ動かさないようにして病院に連れていきます。

病院での治療は症状の程度によって異なってきます。
レントゲン検査で骨折の状態を確かめます。
若い犬や症状が軽い場合は、ギブスや副木による固定を行います。

ステンレス製のピンやプレートを直接骨折した場所にあててネジでとめ、骨をつなぐプレート法や、ネジ付きの金属のピンで皮膚の外から骨を固定し骨折部を支える髄内ピン法などの外科手術を行う場合もあります。

どのような治療を行うとしても完治するまでは運動を制限し無理をさせないことが必要です。

【予防】骨折する危険を避ける

骨がまだ完成しきっていない子犬の方が骨折するリスクが高いです。
そのため、高いところに上らせないようにしたり、絨毯を敷いたり段差をなくすなどして骨折を予防しましょう。

道路を飛び出さないようにしたり、高いところから飛び降りるのを防ぐためにリードは短くしておきましょう。

肥満は骨折のリスクを高めるので、体重管理をしたり適度な運動をさせましょう。
骨を強くする栄養を摂ることも大切です。

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬のクリプトコッカス症

【症状】肉芽腫が鼻の穴にできて塞いでしまう クリプトコッカス症の症状としてはくしゃみや鼻水といった鼻炎の症状で、鼻水はドロッと…

犬の膝蓋骨脱臼

【症状】とう痛や腫脹、跛行、患肢の挙上 膝蓋骨脱臼の症状はその程度により無症状から歩行困難まで幅広く起こります。 その程度は、…

犬の前十字靭帯断裂

前十字靭帯とは膝関節の内側にあり大腿骨と脛骨をつないでいる靭帯のことです。 ダックスフント、ゴールデンレトリバー、ラブラドール…

犬の前立腺腫瘍

前立腺腫瘍とは前立腺に悪性の腫瘍ができる病気のことです。 前立腺はオス犬の膀胱の下にあり、精子の運動能力を活発にする精液を分泌…

犬の変形性骨関節症(DJD)

【症状】歩行異様から運動制限など 変形性骨関節症は初期症状として、歩行などの動くことを嫌がる、跛行、着地不能などの歩様異常を示…

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎) 関節リウマチは自己免疫疾患によって起こされる関節炎の一つです。 進行すると関節が変形した…

犬の脳腫瘍

脳腫瘍は、脳から発生した原発性脳腫瘍か、がん細胞が脳に転移して発生する転移性脳腫瘍にわけられます。 7歳以上に発生することが多…

犬の椎間板ヘルニア

【症状】激しい痛みにより、動かずじっとしています 椎間板とは頚椎から尾椎の椎骨と椎骨のあいだに存在し、椎骨を連結する役割を果た…

犬の肺動脈狭窄症

肺動脈狭窄症は、犬における先天性心臓病の発症件数調査で、国内外問わず上位5位に入るほど発生頻度の高い病気です。 プードル、コリ…

犬の水頭症

水頭症とは頭蓋骨が大きく骨が薄い犬種、短頭種、小型犬に多く発症する脳の病気です。 チワワ、トイプードル、ミニチュアダックスフン…

犬のライム病

【症状】感染しても95%は無症状。症状が出ればあちこちの関節が腫れてきます ライム病に感染しても症状を表すのはごく一部の犬で、…

犬の骨肉腫

骨肉腫とは骨に腫瘍ができる病気です。 骨に腫瘍ができた場合、悪性である可能性が85%で死亡率のきわめて高い病気と言われています…

犬の門脈シャント

【症状】肝性脳症によるよだれやふらつき 通常は、消化管内で産生されたアンモニアなどの毒素は腸管から吸収されると、門脈と呼ばれる…

犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)

【症状】足を引きずって歩いていたら要注意です レッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)は大腿骨頭壊死症とも言われる股関節の病気…

犬の白内障

【症状】瞳の白濁による視力障害 白内障の症状には、肉眼的変化(眼が白くなる、つねに瞳が広がっている)や、視覚障害(暗いところで…

犬の股関節形成不全(股関節形成異常)

股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節がうまく作られず形が異常になってしまう、発育や成長の異常です。 この病気…

犬の認知症(痴呆/認知機能障害/認知障害症候群)

人間と同じように犬でも認知症が問題になってきています。 高齢化に伴って生じる脳の変化が原因で説明のつかない異常な行動を起こすこ…

犬の内耳炎

内耳炎は、耳の奥にある半規管や蝸牛などの内耳と呼ばれる部分に炎症が起こった状態の事をいいます。 食欲不振やバランス感覚異常の症…

© 2022 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712