犬のノミアレルギー性皮膚炎

',''); */?>

【症状】痒みと脱毛と小さな発疹

ノミの唾液や糞がアレルゲンとなって、アレルギー反応を起こす皮膚炎です。
かゆみや脱毛、皮膚が荒れたり小さな発疹(ブツブツ)ができたりします。

その痒さから犬が擦り付けたり噛んだりするため、その部位はさらに傷がひどくなって膿皮症になったりします。

【原因】ノミの唾液がアレルゲンに

ノミが犬の皮膚上で唾液や糞をし、それがアレルゲンとなって過剰な免疫反応を起こすアレルギー反応となって表れるためです。
アレルゲンとの接触後30分ほどで現れるI型アレルギーと、数時間以上かかって表れるⅣ型アレルギーに大別されます。

アトピーや食物アレルギーを持つ犬はノミアレルギー性皮膚炎を発症しやすく、また1度アレルギー反応を示した犬はノミが寄生するたびにノミアレルギー皮膚炎を一生涯発症します。

【治療】アレルギーやかゆみを抑えてノミを駆除します

アレルギー反応を抑える薬や、かゆみを抑える薬を投与します。

ノミの駆除として錠剤の経口タイプまたは肌に落滴する液体タイプを使用します。
どちらのタイプでも駆除の効果は同じ程度ありますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。

経口タイプのメリットは効き目が早い、体のどこに寄生していても効き目が変わらない、犬の体を洗っても効果は変わらない。
逆にデメリットは薬効が血液中にあるため、血液を吸われないと効き目がない、血を吸われることによる皮膚炎やノミの糞や唾液によるアレルギー反応が起こる、またノミが他の病原体を媒介する恐れがあると言うことです。

液体タイプは皮膚に直接垂らすため、メリットとしてはノミが血を吸う前に駆除ができる、皮膚炎になる恐れが低い、アレルギーも出現しにくい、ノミに刺されないことから他の病原体を媒介されないと言ったものがあります。
デメリットとしては効き目が表れるまで時間がかかる、垂らす位置から離れている部位だと効果がやや低くなる、犬の体を洗うと薬効が流されてしまい効果が少なくなる、などがあります。

【予防】犬に寄生したノミだけでなく生活空間のノミも駆除しましょう

ノミの駆除薬を定期的に使用することで予防できます。
その際には成虫だけでなく卵やさなぎ、幼虫にも効果があるタイプを選ぶとより効果的となります。

また治療・予防の共通項として掃除機を丁寧にかけて、ダニの成虫から卵までを生活空間から無くす努力が必要です。
完全に無くすのは困難ですが、日頃からの努力で数を少なくすることは可能でしょう。

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の脂肪腫

脂肪腫とは、脂肪組織が皮膚や筋肉の下または隙間に蓄積されることによって発症する良性腫瘍です。 胸部、腹部、脇の下、内股にできや…

犬のツメダニ症

【症状】背中の大量のフケと赤い発疹が特徴 ツメダニ症の最大の特徴は大量のフケが発生することです。 特に背中によく見られます。 …

犬の肥満細胞腫

犬や猫に多発する腫瘍の一つで特に犬に多く発生します。 あらゆる場所に発生しますが、そのほとんどが皮膚に発生します。 犬の皮膚腫…

犬の皮膚糸状菌症(白癬、皮膚真菌症)

皮膚を好んで感染する真菌を皮膚糸状菌といい、犬・猫に感染症を引き起こす種類として20種類以上が知られています。 症状は多様で痒…

犬の乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は犬や猫では比較的多く見られる腫瘍です。 10歳齢以上から発生率が高くなります。 乳腺腫瘍は必ずしもがんであるとは限り…

犬のアトピー性皮膚炎

【症状】皮膚が赤く、痒くなる 人間と同じで皮膚のかゆみです。 初期には皮膚が赤くなる程度ですが、慢性化することで皮膚が乾燥した…

犬の脱毛症(抜け毛)

犬は、春から秋の間に「抜け変わり」をし、毛が大量に抜け落ちます。 抜け変わりの時期に毛が抜けるのは、生理的な現象で心配の必要は…

犬の扁平上皮がん

扁平上皮とは、体の表面を覆う表皮のことで皮膚の最上部を占めています。 その扁平上皮と呼ばれる部分にがんが生じている状態を、扁平…

犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

【症状】大量に水を飲み、オシッコが増える。食べるのに痩せていく 症状としては水を大量に飲み、オシッコの回数も量も増える。 エサ…

犬の膿皮症

細菌感染による皮膚病として最も多く見られるのが膿皮症です。 皮膚の化膿性または農産生性の細菌感染により起こります。 【症状】か…

犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)

【症状】体のあちこちが脱毛する この病気はアカラス(ニキビダニ、毛包虫)という寄生虫が毛の根元近くの毛包や皮脂腺に寄生すること…

犬の疥癬

疥癬とはヒゼンダニによって引き起こされる皮膚の病気です。 ヒゼンダニは顕微鏡で覗いて分かるくらい小さいダニで、耳ヒゼンダニやシ…

犬の続発性脂漏症(脂漏症)

【症状】皮膚がカサカサになったり、痒みをともなう発疹や悪臭 脂漏症には、乾性脂漏症と油性脂漏症の2種類の種類があります。 乾性…

犬の甲状腺機能低下症

甲状腺とは全身の細胞に作用して、エネルギー、タンパク、ビタミンなどの代謝に関わる働きをしています。 甲状腺から分泌される甲状腺…

© 2022 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712