犬の皮膚糸状菌症(白癬、皮膚真菌症)

',''); */?>

皮膚を好んで感染する真菌を皮膚糸状菌といい、犬・猫に感染症を引き起こす種類として20種類以上が知られています。

症状は多様で痒み(掻痒)を伴うことがあります。

【症状】脱毛やかさぶたが見られる

皮膚糸状菌症は、肉眼で見て取れる症状が様々です。

典型的なのが、直径1~4cmの円形の脱毛で、急速に広がるのが特徴で、痒みを伴う場合もあります。

上皮細胞の壊死片の落屑と痂皮(かさぶた)の形成が起こる場合もあります。

二次感染が起こりやすく、禿瘡(ケリオン)という巣状の炎症性結節形成が見られることもあります。

成犬では、体全体に広がることは希ですが、副腎皮質機能亢進症などを併発すると、全身に広がります。

【原因】小胞子菌などのカビが表皮や被毛などに寄生して炎症を起こす

ミクロスポルムやトリコフィトンなどを原因とする表在性真菌感染症です。

真菌は、動物の皮膚の構成成分であるケラチンを発育に利用します。

犬では、約70%がミクロスポルム・カニス(犬小胞子菌)、20%がミクロスポルム・ギプセウム(石膏状小胞子菌)、10%がトリコフィトン・メンタグロフィテス(毛そう白癬菌)によって起こります。

【治療】自然と治るが、薬での治療しましょう

皮膚糸状菌症は1~3ヶ月のうちに自然に軽快していくのが普通ですが、早く治すためと他の動物や人への感染を予防するためにも治療を行います。

毛刈り、シャンプー療法、局所への薬物の外用療法を実施します。

慢性例や重症例、長毛種の動物の場合は、グルセオフルビンという抗真菌薬を経口投与します。

この薬は脂肪を含んだ食物と一緒に与えると吸収が促進されます。

ただし、この薬を投与すると消化器症状などの副作用がみられるため、最近では、イトラコナゾールを用いる事が多くなりました。

症状の消退には1ヶ月程度かかります。

その後も2~4週間は投薬を継続する必要があります。

【予防】感染している動物との接触を避ける

皮膚糸状菌症の予防は感染している動物との接触を避ける事が重要です。

人間を介して感染する場合もありますので、手洗いを行い菌を保有し続けないようにします。

免疫力の低下により日和見感染を起こす場合もありますので、栄養バランスや良質の睡眠、ストレスを溜め込まないように注意して生活を送るようにしてください。

この病気によく見られる症状

毛が抜ける

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の続発性脂漏症(脂漏症)

【症状】皮膚がカサカサになったり、痒みをともなう発疹や悪臭 脂漏症には、乾性脂漏症と油性脂漏症の2種類の種類があります。 乾性…

犬のアトピー性皮膚炎

【症状】皮膚が赤く、痒くなる 人間と同じで皮膚のかゆみです。 初期には皮膚が赤くなる程度ですが、慢性化することで皮膚が乾燥した…

犬の疥癬

疥癬とはヒゼンダニによって引き起こされる皮膚の病気です。 ヒゼンダニは顕微鏡で覗いて分かるくらい小さいダニで、耳ヒゼンダニやシ…

犬のツメダニ症

【症状】背中の大量のフケと赤い発疹が特徴 ツメダニ症の最大の特徴は大量のフケが発生することです。 特に背中によく見られます。 …

犬の膿皮症

細菌感染による皮膚病として最も多く見られるのが膿皮症です。 皮膚の化膿性または農産生性の細菌感染により起こります。 【症状】か…

犬の脱毛症(抜け毛)

犬は、春から秋の間に「抜け変わり」をし、毛が大量に抜け落ちます。 抜け変わりの時期に毛が抜けるのは、生理的な現象で心配の必要は…

犬の甲状腺機能低下症

甲状腺とは全身の細胞に作用して、エネルギー、タンパク、ビタミンなどの代謝に関わる働きをしています。 甲状腺から分泌される甲状腺…

犬の脂肪腫

脂肪腫とは、脂肪組織が皮膚や筋肉の下または隙間に蓄積されることによって発症する良性腫瘍です。 胸部、腹部、脇の下、内股にできや…

犬の肥満細胞腫

犬や猫に多発する腫瘍の一つで特に犬に多く発生します。 あらゆる場所に発生しますが、そのほとんどが皮膚に発生します。 犬の皮膚腫…

犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)

【症状】体のあちこちが脱毛する この病気はアカラス(ニキビダニ、毛包虫)という寄生虫が毛の根元近くの毛包や皮脂腺に寄生すること…

犬の扁平上皮がん

扁平上皮とは、体の表面を覆う表皮のことで皮膚の最上部を占めています。 その扁平上皮と呼ばれる部分にがんが生じている状態を、扁平…

犬のノミアレルギー性皮膚炎

【症状】痒みと脱毛と小さな発疹 ノミの唾液や糞がアレルゲンとなって、アレルギー反応を起こす皮膚炎です。 かゆみや脱毛、皮膚が荒…

犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

【症状】大量に水を飲み、オシッコが増える。食べるのに痩せていく 症状としては水を大量に飲み、オシッコの回数も量も増える。 エサ…

犬の乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は犬や猫では比較的多く見られる腫瘍です。 10歳齢以上から発生率が高くなります。 乳腺腫瘍は必ずしもがんであるとは限り…

© 2022 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712