犬の脂肪腫

',''); */?>

脂肪腫とは、脂肪組織が皮膚や筋肉の下または隙間に蓄積されることによって発症する良性腫瘍です。

胸部、腹部、脇の下、内股にできやすいと言われています。

【症状】ブヨブヨとした弾力のあるしこりが徐々に大きくなる

脂肪腫は数年かけて徐々に大きくなり他の腫瘍より大きくなることが多いと言われています。
10㎝以上にもなる脂肪腫も存在するようですが、形も大きさも一定ではありません。
皮膚が大きく盛り上がり触ると弾力があります。

脂肪腫には痛みはありませんが、筋肉の間に脂肪腫ができた場合は非常に硬くなり、筋肉を圧迫してしまうので痛みを伴うことがあります。

胸部、腹部、脇の下、内股にできやすいです。
普通は一つだけ存在しますが、体の数か所にできることもあります。

犬が脂肪腫を気にして噛んでしまったり潰してしまうと、皮膚炎や潰瘍となることもあるため注意が必要です。

【原因】はっきりした原因は不明だが代謝が関係しているかも

脂肪腫は皮下の脂肪が無制限に増えたために脂肪の塊が作られたものですが、なぜそうなるのかはっきりとした原因は分かっていません。

しかし、8歳以上の老犬や、肥満型の犬に現れやすいことから、基礎代謝が関係しているのではないかと考えられています。

【治療】手術で切除することもあるが必ずしも必要ではない

脂肪腫は痛みがないので犬の動きや快適さを妨げないのであれば、手術をして取り除くことは必要ありません。
しかし良性の物なのかを断定するには細胞診や組織診断が必要になります。

脂肪腫はほかっておくと大きくなって邪魔になることがあります。
そうすると動きにくくなり歩行困難になることもあるため、その場合には外科手術で切除します。
脂肪腫の中には四肢の中に入り込むタイプもあり簡単に切除できません。
そのため断脚が必要になることもあります。

心臓に疾患があったり、腫瘍が拡がっていたりして手術が危険な場合には抗がん剤による治療が選択されることもあります。

【予防】普段からチェックしたり定期検診を受ける

皮膚の状態をこまめにボディチェックしましょう。
特に脂肪腫のできやすい部分はよく確かめます。
また病院で定期検診を受けることも早期発見につながりやすいです。

しこりといっても良性の脂肪腫から肥満脂肪腫などの危険なしこりまで様々です。
それで、しこりを見つけたら早めに病院を受診しましょう。

脂肪腫になりやすいのが、やせ型の犬より肥満型の犬の方が多いことから食べ過ぎにも気をつけるとよいでしょう。

この病気によく見られる症状

しこり・はれができる

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬のクリプトコッカス症

【症状】肉芽腫が鼻の穴にできて塞いでしまう クリプトコッカス症の症状としてはくしゃみや鼻水といった鼻炎の症状で、鼻水はドロッと…

犬の悪性リンパ腫(リンパ肉腫)

【症状】下アゴの腫れに気付いて獣医師の元へ駆け込むことが多いです 悪性リンパ腫は体のどのリンパが腫瘍化するかによって症状が違い…

犬のツメダニ症

【症状】背中の大量のフケと赤い発疹が特徴 ツメダニ症の最大の特徴は大量のフケが発生することです。 特に背中によく見られます。 …

犬のアカラス症(ニキビダニ症、毛包虫症)

【症状】体のあちこちが脱毛する この病気はアカラス(ニキビダニ、毛包虫)という寄生虫が毛の根元近くの毛包や皮脂腺に寄生すること…

犬のノミアレルギー性皮膚炎

【症状】痒みと脱毛と小さな発疹 ノミの唾液や糞がアレルゲンとなって、アレルギー反応を起こす皮膚炎です。 かゆみや脱毛、皮膚が荒…

犬の続発性脂漏症(脂漏症)

【症状】皮膚がカサカサになったり、痒みをともなう発疹や悪臭 脂漏症には、乾性脂漏症と油性脂漏症の2種類の種類があります。 乾性…

犬の扁平上皮がん

扁平上皮とは、体の表面を覆う表皮のことで皮膚の最上部を占めています。 その扁平上皮と呼ばれる部分にがんが生じている状態を、扁平…

犬の膿皮症

細菌感染による皮膚病として最も多く見られるのが膿皮症です。 皮膚の化膿性または農産生性の細菌感染により起こります。 【症状】か…

犬の脱毛症(抜け毛)

犬は、春から秋の間に「抜け変わり」をし、毛が大量に抜け落ちます。 抜け変わりの時期に毛が抜けるのは、生理的な現象で心配の必要は…

犬のアトピー性皮膚炎

【症状】皮膚が赤く、痒くなる 人間と同じで皮膚のかゆみです。 初期には皮膚が赤くなる程度ですが、慢性化することで皮膚が乾燥した…

犬の肥満細胞腫

犬や猫に多発する腫瘍の一つで特に犬に多く発生します。 あらゆる場所に発生しますが、そのほとんどが皮膚に発生します。 犬の皮膚腫…

犬の疥癬

疥癬とはヒゼンダニによって引き起こされる皮膚の病気です。 ヒゼンダニは顕微鏡で覗いて分かるくらい小さいダニで、耳ヒゼンダニやシ…

犬の皮膚糸状菌症(白癬、皮膚真菌症)

皮膚を好んで感染する真菌を皮膚糸状菌といい、犬・猫に感染症を引き起こす種類として20種類以上が知られています。 症状は多様で痒…

犬の乳腺腫瘍

乳腺腫瘍は犬や猫では比較的多く見られる腫瘍です。 10歳齢以上から発生率が高くなります。 乳腺腫瘍は必ずしもがんであるとは限り…

© 2022 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
GC WEB PTE LTD
30 Cecil Street
#19-08 Prudential Tower
Singapore 049712